ディスクブレーキの仕組みについて

自動車に装備されているブレーキは大きく分けますと、二種類の仕組みに分類する事が出来ます。一方はディスクブレーキでもう片方はドラムブレーキです。ドラム式ブレーキはドラムと呼ばれる円柱状の構造物の内部にあるライニングに付けられているシューと呼ばれる部分をドラム内部から押し付けて制動力を得る構造です。制動力に優れ重量のあるバスやトラックなどに装備される事が多い傾向です。またコスト面におきましても安価で乗用車でも後輪用に採用されるケースもあります。これに対しましてディスク式ブレーキはローターと呼ばれる円盤状のパーツをキャリパーと呼ばれる部品に取り付けられているブレーキパットで挟み込んで制動力を得る構造になります。この方式はメンテナンスのし易さや、ブレーキの大敵である熱に対して放熱性に優れていますが、コスト的には高価なパーツになります。ローターの径の大きさやブレーキパットの材質により制動能力に違いがあります。パットを押し付けるキャリパーは油圧により作用しますが、最近ではブレーキサポード機能と呼ばれる踏力倍増装置機能が搭載された車両もありますが、パットを押し出すピストンの数や左右両側から押し付ける水平対向式ピストンは高性能なシステムとされています。高級車やスポーツカーでは前後輪ともにディスク式ブレーキが装備されている傾向です。

コメントは受け付けていません。