ディスクブレーキとドラムブレーキの違いって?

自動車に取り付けられているブレーキには2種類のブレーキがあります。それは「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」です。その違いとしては、「ディスク~」のほうは、自動車の走行中に車輪と一体に取り付けられ、回転しているディスクローターを、その上部に取り付けられているキャリパーの両脇にあるブレーキパッドで挟み込んでその摩擦力によって制動力を発生させるもので、「ドラム~」のほうは、車輪の内側に設置されたドラムの内部にブレーキシューと呼ばれるものが装着されていて、それが内側から外側へドラムを圧着することによって制動力を発生させるものになります。現行の自動車には、前輪側にディスク~、後輪にドラム~が取り付けられているのが一般的です。車種やバージョン違いによっては前後輪にディスク~が取り付けられているものもあります。スポーツカーや高級車は前後輪ディスク~のパターンが一般的です。現在は前後輪ドラム~という車は存在していません。特徴としてはディスク~は安定した制動力を確保でき、放熱性(ブレーキは制動のさいに高熱を発生させる)にも優れているという部分で、ドラム~は構造が単純なので、コスト性に優れているという部分があります。

コメントは受け付けていません。