ドラムブレーキの仕組みについて

自動車をストップさせたり減速させたりするブレーキには、二つのタイプがあります。「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」です。今回はこの内の「ドラム~」のほうの仕組みについて書いてみます。ドラム~は、ホイールと一緒に取り付けられ回転するブレーキドラム(お鍋のような形状)に、そのブレーキドラム内で左右に取り付けられたブレーキシューを、内側から押し付けて制動力を得るシステムになっています。普段(ブレーキペダルを踏んでいない状態)の状態は、ブレーキシューとドラムが離れている状態です。これにブレーキペダルを踏み込むと、ブレーキフルードが押し出されてドラム内の中央上部に取り付けられたシリンダーに送られます。するとシリンダーからピストンが押し出されてブレーキシューが外側へと広がっていき、走行して回転しているドラムに押し付けられて制動力を発生させます。制動後にブレーキペダルを離すと左右のブレーキシューに取り付けられたスプリングによって元の位置に戻るようになっています。ドラム~は一般に後輪に取り付けられます。前輪にドラム~を取り付けられた車は現在販売されている車種には存在していません。後輪のドラム~はブレーキペダルだけでなく、パーキングブレーキ(レバーを引いて制動力を得る)の制動にも使われています。

コメントは受け付けていません。