ハロゲンランプのメリット・デメリット

車のヘッドライトにはHIDやLEDなども増えてきていますが、いまだに電球内に窒素やアルゴン、クリプトンなどのハロゲン族元素を封入したハロゲンランプが多く使われています。
このランプのメリットとしては、一般的な電球に比べて明るさが3割ほど明るい、電球の容積(大きさ)を大幅に小さくできるという点があります。またランプの寿命ぎりぎりまで、同じ明るさを保てる、色温度が高い(見やすい)という特徴も持っています。またランプ自体の価格でいえば一番安く球切れの際には最も経済的ではあります。
デメリットとしては後から出てきたHIDやLEDと比べて光量が1ランク下がるということがあります。また寿命もHIDやLEDに比べて短いため、より早く定期的な交換が必要でもあります。車の燃費に直結する消費電力もほかの方式に比べて、高いのもデメリットといえます。発熱の大きさも車のヘッドライトという使い方では問題が大きな部分です。防水効果を持たせるために密閉されているレンズ内ではより高温になり、ランプ自体の寿命を自分で縮めていることになります。
HIDやLEDにもそれぞれいい点悪い点があります方どれが一番いいとは言いにくいのですが、特徴を理解して選ぶようにしてください。

コメントは受け付けていません。