MT、AT、CVTそれぞれのメリット・デメリットについて

クルマを走らせるものはエンジンですが、そのエンジンの出力をうまく引き出して効率よく各車輪に伝えるための調整役のような機能が必要になってきます。それがトランスミッションです。このトランスミッションにはいくつかの区別があります。これらを比較すると、まずMTはエンジンの回転や速度に合わせた適切なギアを手動にて選んでチェンジするためアクセル・ブレーキ以外にクラッチのペダル操作も必要になり、運転が難しくなるという面がありますが、車を運転する楽しさを感じれることから、スポーツカーには今でも多くの車種に採用されていて、欧州などの海外では重視されている傾向があります。次がATで、これは今の日本で主流になっているもので、操作なしに自動で適切なギアチェンジを行ってくれ、クラッチペダルがないので運転がとてもスムーズに行えます。坂道発進などでも楽で、運転の初心者でも安心して運転が行えます。デメリットとしては、燃費が悪くなるということが言われてきましたが、近年は高効率化してきて改善されてきています。最後にCVTですが、これはギアではなく、プーリーの径を変えることで変速します。無段変速機とも呼ばれ、ギアがないことから滑らかな走りが可能となっています。エンジンブレーキがかかりにくい、ギアがないことからエンジン回転数と車速との関係が比例しないというデメリットもありますが、近年人気が高くなっているトランスミッションです。

コメントは受け付けていません。