MT、AT、CVTそれぞれの仕組みの違いついて

エンジンの出力から車輪に動力を伝えて、回転数・トルクをコントロールするトランスミッションがあります。このトランスミッションに種類があります。
最近は減ってきましたが、エンジン回転や速度に合わせてギアを自分で選んでギアチェンジするものがマニュアルトランスミッションMTです。クラッチペダルがあります。これが車の原型です。昔の名車を乗るためにはこの形となります。
慣れるまで難しいですが、慣れると自分で操作している感じがあり、車を楽しむ事ができます。伝達効率が一番よく、力強い走り、ブレーキもよく効きます。
オートマチックトランスミッションATは名前の通り自動的にトランスミッションをコントロールします。だから、ギアを変えなくていいのでクラッチペダルがありません。運転をするのが簡単です。坂道発進や止まってからのスタートなどで気を遣う事がありません。
また、そのAT同様にクラッチやギアチェンジする必要がないもので、ギアが存在しないのがCVT、無段変速機とも言われます。ギアではなく、大きな輪のプーリーを金属のベルトで結んで経を変える事で変速を行う違いがあります。動力の伝達効率がいい事から省燃費のため搭載する車が増加してきています。

コメントは受け付けていません。